menu

☆法人ニュースが発行されています。ぜひご覧ください☆→  第1号   第2号   第3号   第4号new!!)

社会福祉法人多摩福祉会の理念と歴史

社会福祉法人多摩福祉会は、高度成長期の働く人々の切実な保育要求を受け、父母との共同的な保育の実現をめざして、1972年に浦辺史(うらべひろし)日本福祉大学教授(当時)を理事長として設立されました。

1973年、多摩ニュータウンの一角にこぐま保育園を設立し、先進的で民主的な実践・運営を進めてきました。

当初のこぐま保育園の運営目標は次の3つです。

 

  • 働く父母が安心して預けられる保育園に
  • 子どもたちが生き生きと育つ集団生活と教育の場に
  • 職員にとって働きがいのある職場に

 

その後、多摩福祉会は4保育園、3学童クラブを擁する法人に発展してきましたが、子どもを産み育てることがいっそう困難な時代にあって、多摩福祉会に期待されている使命を見失わずに実践・運営をすすめて参ります。


<社会福祉法人多摩福祉会 役員・評議員名簿>

理事長 垣内國光
理事 安川信一郎 伊藤亮子 玉田和良 佐藤正 中津川弘 谷まち子
監事 橘田美千代 長谷川保夫
評議員 柿田雅子 永井明代 井原哲人 赤沼陽子 西巻民一 大石隆寛 西原敬仁 桐山研
理事長
垣内國光  
理事
安川信一郎 伊藤亮子
玉田和良 佐藤正
中津川弘 谷まち子
監事
橘田美千代 長谷川保夫
評議員
柿田雅子 永井明代
井原哲人 赤沼陽子
西巻民一 大石隆寛
西原敬仁 桐山研

■多摩福祉会の3つの理念



■多摩福祉会の歴史

1972年 社会福祉法人多摩福祉会設立
1973年

こぐま保育園開園

初年度より、乳児保育実施

朝7時からの保育、夕18時30分までの保育を実施

1985年 数年にわたる運動の結果、多摩市単独の特例保育補助開始
1991年

全国に先駆けての地域子育て支援事業、こぐま保育園子育て福祉センター発足

メディアにも取り上げられ注目される

1994年 異年齢・きょうだいグループ保育の実施案を父母に提起
1997年 異年齢・きょうだいグループ保育開始
2000年 異年齢・きょうだいグループ保育のために設計したこぐま保育園新園舎完成
2006年 練馬区より区立向山保育園運営受託
2008年 多摩市より永山小学童クラブ運営受託
2009年 世田谷区より砧保育園運営受託
2011年 多摩市より貝取学童クラブ運営受託
2015年

多摩市より永山学童クラブ運営受託

2017年

上北沢こぐま保育園開園


浦辺史(初代) 浦辺充 伊藤亮子 菅原猛 垣内國光(現)

4保育園、3学童クラブの運営

総児童数:703人(2018年4月現在)

 

●施設長

こぐま保育園(多摩市) 谷まち子
練馬区立向山保育園 林奈保子
砧保育園(世田谷区) 髙橋博子
上北沢こぐま保育園(世田谷区) 安川信一郎
多摩市永山小学童クラブ 和田玲子
多摩市貝取学童クラブ 中村真理子
多摩市永山学童クラブ 小山牧子